ドッグフードからわかること

前へ
次へ

安いドッグフードの価格はどれくらい?


 愛犬のことは可愛い。しかしドッグフードはできるだけ経済的に済ませたい…。
 そんなことを考える方も多いでしょう。
 そんな時、「いくらなんでもこれって安過ぎないかな?ここまで安いと、何か問題が出ないかなぁ」と、判断できる価格をお教えしましょう。
 そもそも、ドッグフードは犬の唯一の食事です。
 巷には「自然派・ナチュラル」「無添加」「グレインフリー(穀物不使用)」「人間でも食べられる原材料」など、犬の身体にとても良いといわれるフードがあります。
人間より身体の小さな愛犬は、少しの添加物でアレルギー反応を起こしたり、穀物(トウモロコシ・小麦・さつまいもなど)の内容の違いでお腹を壊したり繊細にできています。
そのために、身体に合った少量の食事でも満足して食べられて、尚且つ栄養素も充分に摂取・吸収できるフードを各メーカーは研究しているのです。
 ただし、そういうドッグフードの価格帯は1キロ1500円~2000円くらい、あるいはそれ以上するのが当たり前です。
多頭飼育をしている、中・大型犬を育てている方には経済的に少々負担になりがちですね。
また、こだわりの高級ドッグフードは購入する手段も限られているので、一般的ではないのが現状です。
そこで、そんなに質は落としたくないけど、ちょっとお得なドッグフードを求めてみようと思ってしまっても仕方がありません。
 
 では、安いフードとはどういうことでしょうか?  商品の価格を安くするために、安価で手に入りやすい肉を主原料にする。
純粋な肉の部分だけではなく、骨や皮など、栄養になりにくい部分も肉(○○ミール・○○粉などの表記)として計上する。
 満足感を出すために、本来ドッグフードには必要のないもの(穀類・食物繊維)を大量に投入して、フードの量を増やすというものです。
これは、食べると大量の便をするのですぐに分かります。
 材料の不具合を隠すために香料を入れる。
とりあえず食べられれば良いという判断で、いい匂いをつける。
これも、便の匂いが臭くなるのですぐに分かります。
 材料に栄養価がほとんど無いため、そのままでは犬が喜ばないということから、フードを油で覆う。
安いドッグフードがべたつくのもそのせいです。
 フードに色が付いているもの。
これは、犬のためではなく人間の購買意欲を誘うだけのものです。
着色料を使っているという事なので不安ですよね。

 と、いうわけで、フードは安くなればなるほど原材料の価格も低いわけです。
そうなると粗悪(「ペットフード安全法」の基準ぎりぎりなど)な原材料で愛犬のフードが作られてしまっているということになります。
こちらのドッグフードに含まれる添加物についての記事も合わせてご覧ください。
 いくらなんでも安すぎるだろう……というフードの価格は「1キロ800円以下」というのが判断基準です。
 10キロ980円などというフードはもう問題外ですが、2キロ1000円前後で販売しているフード辺りは避けたほうがいいでしょう。

 昔はそれくらいのフードをあげていた時代もありますが、その時代とは愛犬を取り巻く環境が違いますし、せっかくいい物をあげられる時代に生きているのですから、できるだけいいフードを食べさせてあげたいものです。

 価格的にこれ以上のものであれば、試しに小さな袋を購入して(サンプルなど配ってる時にはいただいて)食べさせてみるのも良いでしょう。
ただし、フードを変えて下痢をしたり、便の匂いが臭くなったり量が増えたりする時には、そのフードは愛犬には合わないという目安になりますので、速やかに使用を止めるようにお勧めします。
また、知っておきたいドッグフードをあげる回数についても参考にご覧ください。

ページのトップへ戻る