ドッグフードからわかること

前へ
次へ

チワワ用のドッグフード


 成犬時でも2.7キロ前後と、超小型犬と分類されるチワワ。
 まんまるい頭と、くりくりの目で何かを訴えてくる姿に胸を打たれた方も多いでしょう。
 そんなチワワを健康的に育てるために、どんな食事を与えれば良いのか考えましょう。

小食・偏食


チワワを育てている方で一番多い相談が「食事を食べない」。
そのため、チワワ用のフードは味にこだわって生産しているものがほとんどです。
また、口が小さいので、それにあわせた食べやすい小粒サイズになっているものが多いです。

肥満傾向


ドッグフードを食べないのでおやつをあげている方はすぐに改めましょう。
また、チワワには臆病な子が多く、体が小さいので散歩をしないケースも多いですがこれも注意してください。
避妊去勢の影響で太りやすい体質になっている子は特に肥満になりやすいので、カロリーや給餌量に注意が必要です。

崩れやすい腸内環境


お腹が弱い・嘔吐しやすい子が多いので、消化の良いたんぱく質や食物繊維・炭水化物を配合しているフードが良いでしょう。

 チワワは、体が小さな分ドッグフードに含まれる成分に左右されやすいという性質を持っています。
身体に合わないもの、品質の良くないものを食べさせるとてき面に影響が出ます。
言葉を返せば、身体に合う良いものをあげることが出来れば、健康な生活を続けることが出来るということです。
 チワワ用のフードは、少量食べれば栄養を取れるように計算されており、100グラムに対してのエネルギーは高めですが、食べさせる量をしっかり守っていれば問題ありません。
小食なのに太りやすいという、相反した特徴を持つチワワには、できるだけチワワ専用のフードを与えることが、愛犬の幸せに繋がるのではないかと思います。
 しかし、まれにいる、良く食べて太っているチワワには、肥満傾向用フードを与える必要があるかもしれません。
愛犬の体型と食欲に応じて、どちらかのフードを選択してください。
また、こちらの症状別のドッグフードについて書かれているサイトも参考にご覧ください。

ページのトップへ戻る