ドッグフードからわかること

前へ
次へ

ドッグフード選びの基準とは


 愛犬は、飼い主さんが選んだものしか食べられません。
 世のドッグフードは愛犬のためというより、飼い主さんの購買意欲を煽るための商品というものも存在します。
飼い主さんの自己満足のために、愛犬の健康を損ねることにならないようにしましょう。

【総合栄養食】と書いているものを選ぶ


 まずは大事な基本です。
「ドッグフードだけで必要な栄養素を取れます」という意味の総合栄養食とパッケージに表記されているものを選びましょう。
ドライフードはほぼ全て総合栄養食と書いてありますが、缶詰・パウチなどは一般食や副食という書き方をしているものがあります。
そちらは、総合栄養食を与えて、さらにおかずにする食品という意味なので、それだけをあげるということはおすすめできません。
 たまに、ジャーキーしか食べないので、それを食事として食べさせる方がいますが、一時的なものであればともかく、長く続けることは良くないでしょう。

安すぎないものを選ぶ


 1キロあたり1500円以上のフードを選ぶのが一つの目安ではないかと思います。10キロで1000円以下などというのは論外です。
 ドッグフードの原材料は、良質のたんぱく質・脂肪・ビタミン類が必要です。
お肉ひとつを取っても、骨や内臓を使っていない・そもそも食材にする動物の食事に化学薬品を使ったものを与えないなど、こだわりがそれぞれのフードメーカーにあります。
そうすることにより、1キロあたりの価格は安く手も1500円ほどになります。
 逆に、1キロ800円以下のフードは、原材料の価格もそれなりに安いのでいわゆるクズ肉や骨・内臓を肉として計上(○○ミールや○○ミールパウダーという表記をされます)していること、とうもろこしや小麦で嵩を増やしているので消化が良くなく、便が増えたり、便臭が酷くなったりしますので分かりやすいです。

購入しやすいものを選ぶ


 ご自分で移動できる範囲のペットショップで購入できるもののほうが、買い忘れてしまったときなどに便利です。
 ネット販売しかしてない商品を購入する場合には、家での在庫を絶対に切らさないで下さい。
いつものフードを買い忘れたため、間に合わせで買ってしまうこともあるでしょう。
しかし突然違うフードを食べさせると、胃腸がびっくりして下痢をしたりすることがあるので、愛犬の体にあまり良くはありません。
そんなことになれば、せっかく良いドッグフードをあげているのに元も子もありません。
 もし、何度か買い忘れで違うフードをあげた経験があるのであれば、近くのショップで購入できるフードにそもそも変えてしまったほうがいいのかもしれません。

愛犬の体調が良くなる物を選ぶ


 色々考えてドッグフードを選びますが、良いと思ったフードでも愛犬が体調を崩してしまっては、それは、愛犬にとって良いフードではありません。
 きちんと食べる・下痢をしない・便臭が少ない・便が少ない・吐かない・毛艶が良い・目が生き生きとしている・極端に太ったり痩せたりしない。
 というのが条件です。

 このほかに、オーガニックが良いとか、人間も食べられるレベルの原材料を使っているフードが良いとかあるかもしれませんが、基本の基本は上記のような条件です。
 意外とこの基本を守らないままドッグフード選びをしている方が多いので、ちょっと基本に戻って考えてみてください。
 愛犬との生活は10年以上続きます。
その間に、無理なく続けられるドッグフードをあげるのが一番なのです。
また、知っておきたいオーダーメイドのドッグフードについても合わせてご覧ください。

ページのトップへ戻る