ドッグフードからわかること

前へ
次へ

残飯をドッグフードとしてあげていい


一昔前は、ドッグフードというものの世の中の認識は無いに等しく、残飯を食事としてあげていました。
わざわざくず米を買って来て、それに残ったお味噌汁をかけて…。
たまねぎだって長ネギ、牛乳だって、今はあげてはいけませんというものを、毎日の食事で犬にあげていました。

 しかし、それは、そういう時代だっただけのこと。
 今時、残飯を愛犬の食事としてあげましょうと、考える方はいないことを祈りたいのですが……。
しかし、人間は食べない野菜の芯の部分や皮の部分を上手に再利用して愛犬の食事に混ぜてあげる、というのは現代でも多くの愛犬家が行っています。
残飯(食べかけ)ではなく、そもそも人間が使用していない食材を使うことがポイントです。
残った食材の有効活用をしてみましょう!

野菜の芯や皮を有効活用


キャベツや、白菜などの芯。または、大根やニンジンの皮が使えます。
そこで、そんな部分は茹でてしまっておやつ代わりに。
または、茹でた後に細かく切ってドッグフードにトッピング!これが意外と喜びます。
しかも、野菜なのでとってもヘルシー!ダイエット中の愛犬にも安心してあげられる食材です。

動物性タンパク質をプラス


中途半端に残った冷蔵庫の中のお肉。何かに使う予定も無いしなぁ…。
ということであれば、湯通しして油を充分にとった後に、これもドッグフードへトッピング!あっという間に特別ご飯に変身です。

残り物でヘルシーごはん


おからやお豆腐が残ったなぁという時は犬用の粉ミルクと一緒に煮てしまいます。
ミルクが好きな愛犬には、特別なおやつになりますよ。
しかし、これの難点は、その後にお通じが大変よくなるので便の量が増えること…。
それは覚悟しておいてくださいね。

   と、残った食材、意外と活用できます。
 ここで気をつけておかなければならないのは、愛犬のアレルギーです。
野菜やお肉の種類によってはアレルギーがある子がいるので、アレルギーの可能性がある食材は活用しないで下さいね。

 これはあくまでも、「使わない・残っている食材」の活用法です。
 「残った食事」は、人間用に味がついていたり、お鍋の後などはたまねぎのエキスが一緒に煮込まれていたりするのでお薦めしません。
人間の食事を与えてしまうことによって、愛犬の健康に害があったりドッグフードを食べなくなってしまうと、大変後悔します。
そんなことにならないように、残飯と呼ばれるものは、愛犬にはあげないで下さいね。
また、無添加のドッグフードについても参考にご覧ください。

ページのトップへ戻る