ドッグフードからわかること

前へ
次へ

粗悪なドッグフードって


 愛犬の食事は全て飼い主さんにかかっています。
 そこで、あまりにも粗悪なドッグフードをあげてしまっては、他で愛情と手をかけていても元も子もありません。
 市販されているドッグフードは「ペットフード安全法」という法律の下、最低限の安全が守られています。
農薬・汚染物質・添加物の上限値が決まっていますが、「すぐさまペットの身体に悪影響が出ない」というのが法律の趣旨であり、「いいものを食べてもらおう」というものではありません。
 法律にかかわりの無い部分(肉であれば、肉そのものなのか、それとも内臓や骨を含めてなのか。
健康な牛や鶏だったのか?)に関しては、法律としての決まりはありません。

 ペットフードメーカーによって、独自の基準や求める理想のドッグフードというものがあります。
しかし、「とりあえず、食事として与えられればいいのでは?」というドッグフードがあるのも確かです。

 さて、その粗悪なフードを見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?

価格


簡単に見分けるのは価格です。
大まかな基準は1キロ800円以下のドッグフード。
10キロで1000円以下などというのは、問題外です。
理由は以下に続きます。

袋に記載されている原材料名


畜肉副産物:○○ミール・○○エキス・○○パウダーと記載されているもの。病気・死に掛け・死亡した動物の肉です。
       または、内臓・骨・皮・羽・果てには糞尿も混ざっているという話もあります。

動物性脂肪:何の動物の脂肪なのかは書いていません。

大豆ミール・脱脂大豆:豆乳などを搾ったカスのこと。

ビートパルプ:これも、ビート(てんさいとう)の砂糖を搾ったカス。
        パルプとは、紙の原料にもなる、繊維質のことです。

原材料の最初が穀物名:とうもろこしや米などです。

原材料は、含有率の多いものから記載されていることがほとんどです。
犬の主食は肉類であるはずはなのに、最初に穀物が記載されているということは、犬には必要のないものがたくさん含まれているということです。
犬の腸は穀物を上手に消化できるようになっていません。
そのまま出てくるなら便の量が多くなりますし、消化が上手に出来なくて腸に負担がかかると下痢をします。

以上の材料は大変安く手に入るために(ほとんどがカスですよね)、ドッグフードの価格も安くなります。
人間が食べられる原材料で作ったドッグフード(ヒューマングレード)にしたほうがいいとはいいません。
せめて、激安のドッグフードにつられて購入することは止めてください。

せっかく、愛犬と出会ったのですから、ご自身の判断ミスで寿命を全うできないなんてことが無いように、ドッグフードを選ぶときには気をつけてあげてくださいね。
またネットでドッグフード購入についての記事も参考にご覧ください。

ページのトップへ戻る