はじめての出産で【妊娠中】や【出産前】にやっておいてよかったこと!実際に使ってみたオススメ育児グッズや育児本もご紹介!

長いような短いような約10ヶ月、気が付けばあっという間に終わります。

出産後は、赤ちゃんのお世話やママの体調管理や家事など、とにかくバタバタの生活になります。

そこで、自身の経験を踏まえ、妊娠中・出産前にやっておいてよかったことをまとめました。

出産後に「出産前にやっておけばよかった…」と後悔しないために、「妊娠中・出産前の過ごし方」や、「オススメ育児グッズ・本」を本音でご紹介します!

お部屋の掃除をしておく

赤ちゃんを気持ちよくお迎えするために

赤ちゃんが無事に産まれてからの初めての自宅、やっぱり綺麗なお部屋でお迎えしたいですよね。

赤ちゃんが帰ってきたら、一息つく間もなく、赤ちゃんのお世話がはじまります。

日々の育児や家事、お母さんの体調管理だけでいっぱいいっぱい、とてもお掃除どころではなくなってしまいます。

新しい生活のための、赤ちゃんのねんねスペースの確保や育児用品の配置決めなど、色々と準備が必要になってきます。

出産日は予定通りにいくとは限りませんから、余裕をもって早めに取り掛かるようにしましょう。

体力維持や気分転換になる

出産に向けて、無理のない範囲で、ウォーキングなど、適度に体を動かすことはおすすめです。

しかし、天候などで気軽に外出できないこともあるかもしれません。

そんな時は、ぜひおうちでできることで楽しみましょう。

マイペースに、好きな音楽をかけながらだと、気分転換にもなります。

モノや空間がスッキリすると、心身ともにリフレッシュできますよ。

不要なモノを処分して、臨時収入UP

育児がはじまってみると、予定外の育児用品が必要になったり、ついつい可愛い育児グッズや便利グッズを揃えたくなったりと、なにかと出費がかかります。

出産前の時間や体力の余裕があるうちに、お部屋にあるものを整理してみましょう。

不要なモノはただ捨てるだけでなく、メルカリやリサイクルショップなどで売ることで、思わぬ臨時収入UPになることも。時間に追われる前の妊娠中に、やっておいて損はありません。

必要な育児グッズをリサーチしておく

性格・ライフスタイルに合ったものを厳選する

便利なものから心ときめくモノまで、お店やネット上には、とにかくたくさんの育児商品で溢れています。

ですが、自分にとって本当に必要なものかどうか、使いこなすかどうかは、個人の性格やライフスタイルによっても変わってきます。

私の場合は、「コロナ禍での初めての出産」だったということもあり、里帰りなしの主人と二人で、またズボラな性格の私でも、育児しやすいモノを妊娠中に厳選していました。

以上の私のオススメ育児グッズは「ベビーモニター」「ベビーバス」「バウンサー」です!




必要最低限のものから揃える

口コミでは評判がよかったり、ついついカワイイから…と、つい気ままに購入しても、あとで未使用になってしまったり、家にあるもので代用できたり、やっぱりコレにしておけばよかった!…と後悔してしまっては、お金や労力のムダになってしまいます。

今はネットで注文することもできますし、出産後にプレゼントなどで頂くものもあったりします。

あとで同じものが被らないように、また不必要になる可能性も含めて、まずは必要最低限のものに絞って揃えておきましょう。

出産祝いにリクエストしてみる

育児グッズといっても、リーズナブルなものから、高価なものまで、さまざまです。

トータルしてみると結構な金額になり、予算オーバーになってしまうことも。

私は、普段から付き合いの深い家族や友人には、欲しいものをリクエストしました。

また、おさがりで頂けそうなものがあるか、聞いてみるのもいいですね。

お祝いする側も、何をプレゼントすればいいのか迷っていたりします。

本当に欲しいプレゼントは、渡す側も、もらう側にとっても、ハッピーになること間違いなしです。

【新生活の予習】気になる育児情報を読んでおく

図書館を利用する

育児雑誌を含め、育児系の本は、とにかくたくさんあります。

まずはネットで検索して気になるものがあれば、図書館で読んでみたり、借りてみるといいですね。

育児本を読むこと自体が合わない方もいるかと思います。その場合は、ムリに読む必要はないと思います。

私も育児はマニュアル通りにはいかないと、頭では分かっていました。

ですが、やっぱり初めての育児、里帰りなしで、親しい身内や知人が近くにいない不安がありました。

また何事も、できる限りは予習しておきたいタイプな性格ということもありました。

なので、まずは気になる読みやすそうなものを読んでみました。

すると、自分に合っていて面白かったので、さっそく興味が倍増。

それから出産直前まで、空いた時間があれば読書三昧でした。

もしあなたも、自分に合う本に出会えれば、同じ著者シリーズや、定番本も気になってくるはず。

自分に合うか合わないか、まずは図書館の本で、気軽にお試ししてみては、いかがでしょうか。

手元に置いておきたい本は購入する

当初は図書館で何冊か借りて読んでいたのですが、日に日に読みたい本が増え、また人気本は図書館で予約待ちでした。

時間は有限!出産後に読書を再開できる日がいつになるのか、そんな日がくるのか、もはや予測不可能の遠い未来のように感じていたので(笑)、気になる本や、手元にずっと置いておきたい本、何度も読み返したい本は、思い切って購入することにしました。

はじめての育児&育児本のオススメ育児本は以下3冊!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

0~3歳のこれで安心 子育てハッピーアドバイス [ 明橋大二 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/1/28時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

0~3歳のこれで安心 子育てハッピーアドバイス [ 明橋大二 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/1/28時点)


追記:実は出産後、新生児期が過ぎたタイミングで読書を再開できたのですが、あるキッカケで、またまたオススメ育児本が増えました。そちらの本については、また別の記事でご紹介したいと思います。

育児系雑誌やアプリを登録・購読する

出産前までは、日々流行が早い雑誌は、購入せず、楽天マガジンのアプリで購読していました。

妊娠してから、はじめて「たまごくらぶ」や「Baby-mo」を読んでみたのですが、出産時期が近づくにつれて、我が子の誕生月の場合は?などと、気になることが増えるにつれて、日々のチェックはより楽しく、より念入りになっていました!笑

(出産後に役立てそうな魅力的な付録があった時は、迷わず雑誌も即買いもしていましたよ。)

気になる育児グッズや育児情報を、色々と情報収集できてよかったです。

また、お腹の赤ちゃんや、妊娠中ママの様子を教えてくれる無料アプリは、日々の体調管理や不安解消にお役立ちでした。

私のオススメのアプリは、 「ままびより」 「たまひよ」「楽天マガジン」です!

夫婦2人の時間を楽しむ

外出を楽しむ

安定期に入る前や、出産時期が近づくと、 外出するにも気を遣うし、体は重いし 、体調や季節によって、気軽に外出することが難しくなってきます。

事前に「お腹が大きくなるにつれて、シートベルトを締めるのもしんどくなるよ」と聞いていたので、ドライブや旅行に行けるうちに行っておかないと、しばらくお預けになる…(涙)と思い、体調を見ながら、適度な運動になる外出を楽しんでいました。

私は、安定期に入り、気温的にもお出かけしやすい時期に、夫婦2人でのんびりと、貸し切り温泉旅行を満喫できたことが、とてもよかったです。

(そして、安定期にやっと食事がおいしく感じられるようになって、ついついゴハンを食べ過ぎてしまったことも、今となってはいい思い出です・・・が、食べ過ぎには注意です!笑)

体調や天候に合わせて外出を楽しみ、夫婦の思い出がまた増えると最高ですね。

外食を楽しむ

出産後は、赤ちゃん中心の生活になるため、行列のできる人気店や、オシャレなお店、熱々のラーメンなど、のんびり外食を堪能することは、しばらく難しくなります。

私の旅行中のように、食べ過ぎの体重増加には大いに注意ですが!笑

大人の自分たちのペースで、自由に楽しめるうちに、思う存分楽しんでおきましょう。

出産後の希望や理想を話し合う

赤ちゃんの性別が判明したら、赤ちゃんの名前を決めていったり、また出産後の新生活のビジョンなど、出産前からじっくりと話し合っておきたいですね。

夫婦の希望や理想を話し合うことは、パートナーの価値観や今後の方向性を確認・共有することができる、とても大切な夫婦時間。お互いの体調や都合のいいタイミングに、ぜひ機会を作ってみてくださいね。

【無料の特典】妊娠中・出産後に役立つサービスを知っておく

頼れる人やサービスを把握しておく

出産前後の万一に備えて、出産前から頭の中でシュミレーションをしておくと安心です。

例えば、急な体調の変化に備えて、「陣痛タクシー」の有無の確認や事前登録しておくと便利です。

ちなみに私の地域の場合には、陣痛タクシーがありませんでした。

予想外で少し戸惑いましたが、一般的なタクシー会社の登録をしておき、万一の場合はバスタオルを多めに用意して対応しよう…と、事前に落ち着いての準備と、気持ちを切り替えておくことができました。

また、私の場合はコロナ禍で里帰りなし、近所で気軽に頼れる人がおらず、基本的には夫婦2人で育児や家事を乗り切る必要がありました。

私がもし体調不良となり、主人も仕事を休めない状況になった時や、母乳トラブルなど育児のことで困ったときのために、地域の病院、施設、育児サポートやサービス制度を知っておくことは、いざという時のためにとても役に立ちました。事前に知っておくだけでも、備えあれば患いなしです。

宅配サービスを登録・活用してみる

出産前後の買い物に困らないようにと、住んでいる地域で利用できるネットスーパーを確認しておくといいです。

私は、赤ちゃんがいる家庭は「コープ宅配」が便利!というイメージがあったので、資料請求をしてからお試しをしてみました。

実際に活用してみて、とても便利でよかったので、現在も利用中ですが、出産前に登録しておくと、出産後の利用方法もスムーズにできるので、出産前の早めの登録が断然!オススメです。

無料特典・プレゼントをもらう

妊娠中ならではの特典や無料プレゼントがあったので、気になるものは応募していました。

後日プレゼントだけではなく、サービスの割引特典や、育児情報も同封で入っていたりと、出産後に何かと活用することができたので、とてもお得感がありました。

期間限定で商品変更があったり、募集終了になることがあるので、気になるものがあれば、すぐに応募しておきましょう!

【まとめ】

待望の赤ちゃんを気持ちよくお迎えするために、また出産後の育児をより有意義に過ごせるために。

はじめての出産に向けて、「妊娠中や出産前にやっておいてよかったこと」と「実際に使ってみたオススメ育児グッズや育児本」をご紹介しました。

あなたに合いそうなモノやお役立ち情報がありましたら、ぜひ試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました